FC2ブログ

フッキー@管理人がお届けする電磁通信。 ロック音楽や愛車やホビーなどをレポしますよ。

エルガイムMK2(1/144Scale)

もう何体も平行制作している旧キットシリーズですが、ようやくエルガイムMK2が完成です。

思い返せば去年の八月末に、ドラグナー制作中に思い立って落札したのがMK2でした。

永野護氏の独特なデザインと、ガンダムとは違う世界観に惹かれてついつい落札…いつもの流れです(笑)

まずは完成画像をご覧ください。

















【主な改修ポイント】
①合わせ目修正を殆ど行わず、薄いプラ板でメカディテールを貼り付ける。バランスを見て他の部分にも貼り付け。

今回の大きな課題はこれに尽きます。放送当時のキットなのでスキマやグイチは多く、パテ作業の多さにたじろいでしまったのです。
そんなわけで、0.2mmのプラ板を切りまくる夜が続きました。結果として、パテ作業以上の時間がかかる事態に(笑)
まぁ、この手法は決して新しいものではなく、30年前の先達も盛んにやっていたと思うのですがd( ゚ε゚;)
最後のスミ入れがビシバシきまり、まるでスターウォーズのプロップでも作っている気持ちになれました。

②頭部と顔の改造。
元のキットはMK2の特徴である「目玉」がなかったので、後頭部から覗くように作りました。さすがに塗装での眼球表現は難しかったので、イラレでデータを作って紙を貼りました。
後は、完全再現ではないものの、おでこや頬当てのボリュームを盛りました。見慣れているガンダム系の構造と全く違うので楽しかったです。

③色々。
キットは手袋状の手がびっくりするほど無表情で薄かったのでパテ(結局使うのか!)を盛り、表情を付けました。
各所をポリキャップ接続にしています。ですが、あまり動かすつもりはありません。この直立が一番美しい!
後は、脚パーツ諸々を後ハメにして塗装をしやすくしました。

④胸板が薄く感じられたので、一ミリほど前に移動させました。下の画像で分かるかな?
作ってみて感心するのですが、独特の構造ですなぁ。














【まとめ】
はてさて、そのサイズ感からか、フィギュアでもリバイバルキットでも高額なMK2。なんなら自分で作ってしまえと始めましたが、途中投げ出し(笑)含めて9ヶ月もかかりました。でも愛着もひとしおです。
暫くはエルガイムはいいかぁと思いましたが、格安で落札した初代エルガイムとワークスが控えているのでした。当然ポリキャップ以前の超ド旧キット(笑)

さて、どう戦い抜くかな?
スポンサーサイト

COMMENTS

2 Comments

There are no comments yet.

Daiju  

Say mark 2!

エルガイムマーク2!

良いですねぇ♪

ガワラメカとはまた違った意味でリアリティーのあるデザイン。

流麗なエルガイムと対をなす無骨な感じが出ていて良いですなぁ~(^-^)

2018/06/06 (Wed) 08:30 | EDIT | REPLY |   

フッキー@管理人  

Re: Say mark 2!

↑題名(笑)
優しさが生きる答えならいいっすね♪( ゚∀゚)

エルガイムマークIと全く被らないデザインですよね。背丈も全然違います。

ドラグナー3体がタスクとして控えてますが、勢いで今にも旧キットエルガイムにポリキャップを仕込みそうです(笑)

2018/06/06 (Wed) 18:08 | EDIT | REPLY |   

REPLY

Leave a reply