FC2ブログ

ハルカ号電磁通信

フッキー@管理人がお届けする電磁通信。 ロック音楽や愛車やホビーなどをレポしますよ。

Top page  1/54

HG バスターガンダム



デュエルに続いてSEED第2弾です。
グレイトな仕上がりを目指しました(笑)

【作業ポイント】
・目立つ合わせ目消し
・スミ入れ
・シールとデカール
・部分塗装(結構勝手に選んでます)

デュエルの時もそうでしたが、なるべく小さいディテールをグレーに塗る事でMG風にならないかなと…

武器の合体などブンドドしたいのは山々ですが、塗装剥がれが怖くて控えめにしてあります。ABSだし…

とにかく、ガシガシ遊ぶ用にもう一体欲しくなるキットでした。

















塗装剥がれが怖くて、臆病なファイティングポーズになってしまう(笑)

スポンサーサイト



バルバトスルプス



1/144HGバルバトスルプス。買ってて良かった(笑)
ふと勝手に自分が盛り上がり、1ヶ月位で仕上げるのがいつもの流れになってます。

【仕上げ内容】
・成型色生かしの合わせ目消し
・部分塗装
・スミ入れ
・装甲裏塗装
・瞳や鷲尾氏マーク以外つや消し
・武器だけチョイ錆&汚し

初代のバルバトスは練習がてらドロドロに汚してしまったのです。

しかし、今回のルプスは、凛々しすぎるのと思い入れの強さから、汚す事ができませんでした(笑)

オプションの武器も買い込んでるので、仕上げつつ遊ぼうと思います。

以下、諸々載せました!















同じフレームなので、2体が同時に並ぶことはあり得ないのですが比較用に(笑)
鍛えられたが如く、一回り大きいのです。設計と言うか、デザイン思想がちゃんとしてますね。金型を流用できるバンダイが商売上手ともいうけど。




トゲトゲを装備してないバルバトスルプ素もなかなかカッコいいですよ。


はてさて、最低でも月一完成を目指してますが、最近は無茶な改造や旧キット、オリジナルカラーリングが控えめだなぁと感じます。

アレは結構な瞬発力がいるので、今年は仕事にカロリーをとられたなぁと(笑)

来年も楽しくやっていけたらいいなぁ(遠い目)
そんなわけで報告終わり。

デュエルガンダム アサルトシュラウド

ガンダムSEEDに登場した、 デュエルガンダム アサルトシュラウド完成です。
1/144スケールで、後年になってリニューアルした、いわゆるリマスターシリーズってやつです。

SEEDと言えば、既に自分は働いて三年はたっており、玩具業界ということもあり結構腰を据えて視聴しておりました。
しかし、好み的になのか、ドラマ部分に思うところがありプラモデルは一個も買っていなかったのです。

時は流れ、客観的にあのシリーズを思い返すと、「デュエルガンダムの素の機体は新しくてカッコいいよなぁ」と思えるようになりました。
そんなこんなで経緯はさておき完成!

まずはノーマルのデュエルをどうぞ。

うーむ、新世代感があってカッコいいぞ!
さすがSEED初期5体は非大河原デザイ(ゲフンゲフン)

【作業ポイント】
・目立つ合わせ目消し
・肩の軸をアルミ線に替えて表情付け
・スミ入れ
・シールとデカール
・部分塗装(結構勝手に選んでます)
・脚装甲(足の甲)の分割変更







アサルトシュラウド追加行くよー!










作ってみると、重厚感が素敵です。
当初は、物理無効のPS装甲に通常装甲付けてどうすんのよ!と思ってました。しかし、考えてみると奪取したままの唯一武装の乏しいデュエルの稼働時間アップを目指したものだと考えると、なるほどと思えてしまうのです。


ちなみにちょっとした改造ポイントはこちら。
足の甲の装甲を切り貼りし、方持ちにさせてます。

こういった改造も含めて4週弱で完成。うーむ理想的。楽しいキットでした。

Gセルフ(大気圏用&宇宙用パック&コアファイター)

劇場版をこの秋に控えた「Gのレコンギスタ」
サブタイトルも「行け!コアファイター」であるならば、未着手のコアファイターも塗装しなければなるまい!

というわけで去年Gセルフは公開しましたが、大気圏と宇宙用パックはまだでしたので、これを機に公開です。


どんなアングルでも絵になるGセルフ。キングゲイナーでお馴染みの安田朗さんの名デザインですな。
凛々しくもあり少年のようでもある。最近のトキトキのカッコいいガンダムが忘れたものが宿ってると思っております。


大気圏用パック


収納と展開も楽しい


宇宙用パック


4枚の羽根の合わせ目消しがかなり大変でした。
合わなさは旧キット並み?


塗れ!コアファイター


白以外は手塗りです。
これまた細かい。
キャノピーのピラーはマスキングに相当神経を使いました。公式作例よりも、ちょっとだけキレイなはず!

そんなわけで、劇場版に備えて?Gレコキットも作って行けたらと思います。
つかめプライド!
つかめサクセス!

モビルスモー(シルバータイプ)

皆さん暫く。
ミードしてますか?って訳で、この夏の僅かな自由時間はずっとミードしておりました。
以下になります。


1/144スケール
モビルスモー(シルバータイプ)

20年前の放送当時のキットです。
それすら旧キットと呼ばれてしまう月日の恐ろしさ。オヨヨ。当時は新卒でした。( ;∀;)


ゴールドタイプと平行して制作していましたが、この夏の狙ったような土日の悪天候で遅延し、先にシルバーがロールアウトです。


タミヤのアルミシルバー塗装後に磨き、クリア塗装の後にまた磨く!磨いてばっかりでした(笑)


シルバー以外の部位は、半光沢とつや消しでメリハリをつけました。


独特の武装は半光沢メインで。




ミードメカの真骨頂!背面です。


ホワイトドールと比較。背丈は若干低いけど、質量がものすごい!まさにスモトリ!


デザインの方向性が近いですね。さすが実質プロトターンA。(詳しくはミードガンダムを読んでね)




ゴールドも画像よりは進んでます。




ゴールドの方は別の事をやりたくて、初めて平手改造にチャレンジ。うーん、100点は難しいな。

そんなこんなで、光沢仕上げは通常の2倍時間が掛かることが分かりました。何度塗り直した事か。
しかし、手順や塗料選びの段取りが勉強になりました。自宅エアブラシもゴールドタイプから初使用です。

次回のゴールドタイプもお楽しみに!
フラットに続いてずーっとミードメカが続くと、たまにはカトキカトキしたりカワラカワラしたい衝動に刈られますが(笑)