【旧キット祭】ファルゲン

普段のデジタル疲れから立ち直るために、プラモで癒される昨今です。結局目に悪い(笑)

機甲戦記ドラグナーシリーズ
「ファルゲン」です。

30年前のロボットアニメであり、小学生だった僕にとっては思い入れが強い作品です。

当時は剣道を習っていてなかなか観られなかったため、今リベンジしています。しっかりしろ!お父さん(笑)



ガンダムZZの後番組なので、世代的にはポリキャップ仕様です。ただし接着剤は必須。

以下、思うままに改造してます。
ずんぐり気味の胴体をウエストで切り離してクビレ造り。大きめの頭をやり過ぎない程度に小型化、マスクを別パーツ化して精密感アップ、足首を延長してスタイルアップ&稼働範囲拡大、手首を最近のオプションパーツに変更、肩アーマーをポリキャップ接続化、股下と胴体をポリキャップ接続化して作業性アップ。

ってところでしょうか。









あと、劇中後半のの空中戦装備である「マッフ」ですが、戦闘機プラモから翼を拝借する予定です。

はてさて、やること平行に盛りだくさんですが、自分で決めて好き勝手にやれることが人生少なくなってまいりまして(笑)

そんなわけで、この趣味には相当助けられています。

ではまた。近いうちに怒濤の平行作業ラインナップをお届けできればと思います。
スポンサーサイト

【Zbrush】ヒューベリオン

Zbrushの機能検証ってわけで、好きなものを作ってみました。

銀河英雄伝説の戦艦、ヒューベリオン…



SDアレンジ、ガン消しキン消しならぬ「ギン消し」です(笑)

ベース形状はローポリツールであるZmodelerを使い、ゆるーく面を調整したあとは細分化し、ひたすらミゾ彫りです。

R8で実装されたチズルブラシはミゾ彫りに最適で、楽しく直線曲線が彫れます。

※アナログでやってた時代は本当に大変でした。

仕上げはいつものKeyshotでレンダリングです。設定なにも弄っていないのに十分リアルです。ゆるいモデリングも空気でごまかせます(笑)

次はライバルのラインハルト様の乗艦を作ろうかな。











緑だし楊枝刺さってるし、お盆のアレみたい。

シュワルグ(1/144scale)

機甲戦記ドラグナーの飛行メカ、シュワルグです。

銃口をピンバイスで空け、固定だった頭部をポリキャップ可動にした以外はストレート組みです。

カラーリングは缶スプレーと筆でのレタッチ、そしてスミ入れ。
たまたま持っていたタミヤの「タン」がボディー色です。

ギガノスのステッカーはマスキングで塗り直そうかと思いましたが、30年前のアルミシールが劣化していなかったのでそのまま貼りました。紙シールだったら、厚くて古くて使えなかったでしょう。

ヒケとグイチが結構ありましたが、形状がシンプルなので助かりました。

基本ヤラレ役のシュワルグですが、機能的な見た目が結構カッコいいと思っています。オススメです。









トールギス(1/100scale 旧キット)

最近ネットにて、「趣味の再開を定年まで待っていたら、気力体力が尽きていてムダになるので出来るだけ今からやる方が良い」的な話題が盛り上がっていました。

確かに、老眼になったり手が震えでもしたら、部屋に山と積まれたプラモは二束三文でBOOKOF行きだ!と恐怖を覚えました。

そんなわけで、主に平日夜、出来るだけプラモを作って行こうと胆に命じたのが6月。
2ヶ月程で、昔友人からもらったトールギスを完成させました!

かれこれ20年前のキットです。











数年前に本格的なキットが発売されましたが、なかなかどうして当キットも武骨でかっこよいのです。



改造箇所は顔。
随分とシャープで、劇中のイメージとは違うと思っています。トールギスはモビルスーツの起源なので、どことなく丸く優しいイメージがあります。
新幹線の0系とか仮面ライダーとかもそうですよね?ウルトラマンは最初の最初は怖めだったとかの話題は長くなるので割愛。
なおかつ西洋の甲冑のようなシンプルな面構成。
その辺を目指しました。
ヒサシも金型の関係で不自然な形状でしたが、3DCADで作る形状をイメージして削って整えました。



ちなみに当キット、トールギス三種のコンパチなため、薄いグレーとグレー、青の3色の成型色になっています。



少し昔のキットなので、ガスガス組上がる手軽さと、色分けされていないのでマスキング塗装必須、など、良し悪しが混在しているのです。

しかし、今回は1/100スケールの旧キットの力強さに圧倒されました。変な言い方ですが、頼もしくてしょうがなかったです(笑)

これからしばらくは1/144スケールモデルが続きますが、途中で「1/100ディジェ」を挟みつつ進めたいと思います。

【Zbrush】ダイファイター

はてさて、先月新バージョン4R8が公開されたZBrushですが、メカメカしいものを造るのに適したツールが増えているようです。

美少女フィギュアやリアルなモンスターが作例に目立つZBrush界隈において、新しいユーザー層が増えるのではと楽しみです。

本当に寸法がきっちりしたメカなどはCADに任せるとして、自分が好きな「ガン消し」のようなモチーフにはZBrushは最適だと思っています。仲間を見かけないけど(笑)。

そんなわけで、固く柔らかく可愛くカッコ良くルーズな造形を目指します。

ガンダムの前作であるダイターン3。
その飛行機形態のダイファイターです。

主に登場シーンしか活躍の場がないのであまり人気はなさそうです。が、ガン消しアレンジのイメージはパッと思いついたので着手しました。










どうです?ありそうでしょ?

シンプルな形状ですが、なんだかんだで完成まで9ヶ月かかってしまいました。

筆が遅い(笑)
リンク